食品添加物表示

■食品添加物の表示
 ・食品衛生法によって、表示が義務づけられています。

(1)原則として物質名で表示
  省略名が定められているものは、簡略名での表示も可能です。

   例)塩化カルシウム → 塩化Ca

  類別名での表示も可能です。

   例)香辛料抽出物 → 香辛料、スパイス

(2)用途名の表示が必要となる場合
  次の8つの用途で添加物を使用する場合、物質名だけでなく、用途名もあわせて表示します。

用途添加物の例表示例
甘味料サッカリンナトリウム甘味料(サッカリンNa)
着色料食用黄色4号着色料(黄4)
保存料ソルビン酸カリウム保存料(ソルビン酸K
増粘剤
安定剤
ゲル化剤(糊剤)ペクチン増粘剤(ペクチン)
酸化防止剤エルソルビン酸酸化防止剤
ナトリウム(エルソルビン酸Na)
発色剤亜硝酸ナトリウム発色剤(亜硝酸Na)
漂白剤亜硫酸ナトリウム漂白剤(亜硫酸Na)
防かび剤オルトフェニルフェノール防かび剤
(防ばい剤)チアベンダゾール(OPP)

(3)同様の機能・効果は一括名で表示
 複数の食品添加物を同じようとで使用する場合、その用途を意味する一括名を表示すれば、それぞれの物質名は省略できます。
  「一括名」として表示できる用途は次の14種類です。

  イーストフード、ガムベース、かんすい、苦味料、酵素、光沢剤、香料または合成香料、酸味料、軟化剤、調味料、
  豆腐用凝固剤または凝固剤。、乳化剤、pH調整剤、膨張剤、ベーキングパウダー・ふくらし粉

(4)食品添加物を表示しなくていい場合
 加工助剤、キャリーオーバー、栄養強化の目的で使う場合は、表示を省略できますが、今後は表示を義務づける方向にあります。

食品添加物とは?
食品添加物とは、食品衛生法「食品の製造過程で、食品を加工しもしくは保存するため、添加物、混和等して使用するもの」と定義されており、厚生労働大臣が安全性と有効性を確認して指定した「師弟添加物」、天然添加物として使用実績が認められ、品目が確定している「既存添加物」「天然香料」「一般食品添加物」「に分類されています。
天然香料、一般飲食添加物をのぞき、新たに開発される添加物は、天然・合成の区別なく「指定添加物」になります。