遺伝子組換え表示

■遺伝子組換え食品表示・・・・・農産物加工

 平成13年4月から、食品としての安全性が確認された遺伝子組換え食品について、JAS法および食品衛生法による表示制度がスタートしました。

  • 対  象:大豆(枝豆、大豆もやしを含む)、とうもろこし、ばれいしょ、なたね、綿実の5作物とそれらを原料とした30食品群
  • 表示義務:遺伝子組換えの場合
          遺伝子組換え不分別の場合
          高オレイン酸遺伝子組換えのものを原料とする場合 
  • 表示方法:対象原材料の後に( )書きで、どのような遺伝子組換え農産物を使用しているか表記します。

 例:大豆(遺伝子組換え)
   大豆(遺伝子組換え不分別)
   大豆(高オレイン酸遺伝子組換え)