アレルギー物質

アレルギー物質を含む食品の表示
  表示が義務づけられている5品目(特定原材料)
    卵、乳、小麦、そば、落花生
  表示が奨励されている19品目(特定原材料に準ずるもの)
    あわび、いか、いくら、えび、かに、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、鮭、さば、大豆、
    鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

  1. 以上の二四品目が食品の原材料中に含まれる場合には、「原材料の一部に○○が含まれています」
       「添加物名(○○由来)」という旨の表示が必要です。
  2. 安心して食べられる食品を見分けやすくするため「特定アレルギー食品を使っていません」と
        使用を否定する表示も可能です。
  3. 表示されつ原材料は、食品アレルギーの実態に応じて見直されることがあります。
        平成16年8月現在、表示奨励品目として、バナナ追加が予定されいます。
  4. アルコール類は、現時点で表示の対象としていません。
  • 食物アレルギーとは?
    植物アレルギーとは、身体が食物を異物として認識するために起こる過敏な防御反応のことで、湿しん・じんましん・下痢・嘔吐・せき・呼吸困難などの賞状を起こします。
    卵、乳、小麦、そば、落花生の5品目は特に重いアレルギーを起こすことや症例数が多いことから、法令で表示が義務づけられています。

□同じ種類のアレルギー物質は省略可能

 例) 名  称:ウインナーソーセージ
    原材料名:豚肉、脱脂粉乳、食塩、香辛料、砂糖、しょうゆ(小麦を含む)、
           酵母エキス、調味料(アミノ酸、核酸)

  • 香辛料にも小麦が含まれていますが、「しょうゆ(小麦を含む)」と表示しているので、香辛料の小麦は省略されています。
  • しょうゆは大豆を使用していることが一般に知られているので、大豆を省略して「しょうゆ(小麦を含む)」と書いてもよいことになっています。
       「しょうゆ(大豆・小麦を含む)」と表示している場合もあります。

□原材料欄の一番最後に一括表示も可能

   例) 名  称:ウインナーソーセージ
      原材料名:豚肉、脱脂粉乳、食塩、香辛料、砂糖、しょうゆ、酵母エキス、
             調味料(アミノ酸、核酸)
            (原材料の一部に小麦を含む)

   ※注意喚起表示
    食品を生産する際に、原材料として使っていないのにもかかわらず、アレルギー物質が微量に混入してしまうことを
    「コンタミネーション」といいます。現段階では表示義務はありませんが、注意喚起表示(任意:枠外表示)等を行っている店もあります。

   例)○ 同一ラインでそばを含む食品を製造しています。
     × そばが混入しているかもしれません。(可能性表示の禁止)