食品表示法(栄養成分表示)について


食品表示法制定概要

食品表示法制定概要

 [消費者庁HPより抜粋]

栄養成分表示概要

栄養成分表示概要

 [消費者庁HPより抜粋]

栄養成分表示を行うために

計算にて算出する

食品成分表をもとに自分で計算する
食品成分表(正式には日本食品標準成分表といいます)は、国民が日常摂取する食品の成分に関する基礎データを幅広く提供することを目的として、1950年(昭和25年)9月に初版が公表されました。(最新版は五訂増補版)
食品成分表の原材料の成分数値と原材料重量より自分で計算することもできます。

【食品成分表】
食品成分表

①材料の重さをもとにして

肉じゃが(4人前)原材料重量
肉じゃが(4人前)原材料重量


②原材料ごとの熱量・成分数値を算出します。

肉じゃが(4人前)原材料毎の熱量・成分数値
肉じゃが(4人前)原材料毎の熱量・成分数値算出

同じように、全ての食材を計算します。

③上記の計算結果を表に記入し、全ての食材の栄養量の合計から4人分の値を計算した後、1人分の値を求めます。
肉じゃが熱量・栄養成分表示

 [農林水産省HPより抜粋]

外部機関へ分析を依頼する

下記の外部機関にて分析も可能です(有料・サンプル提出後1週間程度必要)

・一般財団法人 日本食品分析センター
・一般財団法人 食品分析開発センター
・日本食品機能分析研究所
・株式会社食環境衛生研究所