食品ラベルの表示方法


食品表示の偽装事件、JAS法違反などの社会問題や、アレルギー反応による健康被害により、食品の表示に消費者が強い関心をもつようになりました。消費者に安心・安全をアピールするためには、法令で義務づけされている表示を順守し、正確でわかりやすい表示が必要です。食品の種類によって、表示すべき内容が異なりますので。業種別に表示すべき内容をふまえて、正しい表示の方法が求められます。

食品用ラベルプリンターの必要性


商品の内容は法律により決められた書式により商品に表示しなければなりません。同一の商品を大量に印字する場合はパッケージに印刷すればよいのですが、多品種少量の場合は印刷コストがかさみます。また、法律の改正により表示方法がかわると印刷したパッケージが無駄になってしまいます。ラベルプリンターは表示内容をラベルに印字することにより、1アイテムよから内容の変更ができますので多品種少量の商品や法律の改正にも素早く対応ができるので、食品の専用プリンターとして多く利用されております。ラベルプリンターは設置環境により、事務所などでパソコンからの出力指示で印字する機種と、現場などでプリンター単体で印字する機種があるので、設置場所に応じたプリンターの選択が必要です。

食品表示サンプル

ラベルサンプル食品・水産加工

食品・水産加工
  内容量・生産者・保存方法など表示します。

ラベルサンプル弁当・惣菜・菓子

弁当・惣菜・菓子
  原材料・消費期限・保存方法など表示します。


バーコードについて

バーコードは小売業でPOSレジスターで読み取りができるJANコード、物流用のITFコード、多くの情報管理のできるQRコードなど食品の流通や商品管理のさまざまな分野で利用されております。食品用ラベルプリンターはバーコードを簡単に作成できるので物流システムに応じて、必要な印字をする機能があります。